沖縄の自然 撮影日記

2013年09月

さらに台風19号の接近で、風が強く、豊見城の干潟まで行くには危険だったので、また近所です。
今日は、近くの公園に行きました。

近所のヒヨドリと環境
↑イソヒヨドリ
この公園は、都会と住宅街に囲まれています。
公園の端には、墓地があって、お線香の香りがしました。
近所のグリーンアノールと環境
↑グリーンアノールを捕獲するための装置
この装置は、緑があるところのいたるところで、見かけます。
手が届くばしょにあるときは、いつも中をみてます。
中は、ネチョネチョした粘着性がある壁になっていて、中に生きものが入ると、捕まる仕掛けです。
ぼくは、グリーンアノールが罠に引っかかっているのは見たことがありません。
ヤモリや夏はセミなどが引っ掛かっています。
  ←ポチッとclickしてくれるとランキングが上がってうれしいです
動物写真 ブログランキングへ
---END---

また近所の生きものシリーズです。
台風19号の影響で、ちょっと風が強くて、雨が降ったりやんだりでした。
いつ大雨になるかわからないので、近所にしときました。
最近、宮崎 学さんの「野生動物が見つめるゴミ列島」を読んで、鳥の巣を探したくなりました。
学校の近くのちょっとした林にいって、巣を探してみました。

DSCN7602[1]
さっそく発見‼
何の巣か分からないので、30分くらい巣が見える遠い場所から待っていたけれど、何も現れず・・・
営巣ではないのかもしれません。
近所のツミの巣
巣を探していると、ツミの巣が気になったので、行ってみました。
住宅街のすぐそばなので、後ろのベランダから観察できそう。
近所のハトペア
↑帰りのときに見つけたハトのペア

  ←ポチッとclickしてくれるとランキングが上がってうれしいです
動物写真 ブログランキングへ
--END--

三連休なので、毎日具志干潟に通う日々です。
今日は、昼の12時から行って、3時30分に帰りました。
ムナグロじゃなくてもしかしてダイゼンだったかもしれないです。

A具志干潟の○○○シギ 
B具志干潟の○○○シギ 
D 具志干潟の○○○シギ 
F 具志干潟の○○○シギ 
↑キアシシギがカニを捕えた瞬間をCOOLPIXで連写してみました。
AFは遅いけど、狙った場所にピントが合うのが助かります。
これなら飛びモノも狙えそう‼
E具志干潟のムナグロ 
具志干潟のムナグロ   C
具志干潟のムナグロ A
具志干潟のムナグロ B
具志干潟のムナグロ D
具志干潟のムナグロ E
具志干潟のムナグロ F
具志干潟のムナグロ G
↑同じような写真ですみません、今日はムネが黒い個体は見れませんでした。
具志干潟のパノラマも撮ってみました。
具志干潟 パノラマ
A具志干潟のコサギ 
↑コサギ
具志干潟の環境 A
↑キアシシギと具志干潟の環境
最後に、クロサギも出てきました。
具志干潟のクロサギ
↑クロサギ
具志干潟のクロサギと環境
↑後ろにそびえる建設物は、新たにできた瀬長島ホテルというホテルです。
反対の声は結構あったのですが、無視して建てたようです。
いまでは、テレビでCMもやっています。
天然温泉があるようです。一回行ってみたいですww
帰りには遊水池に行きました。
遊水池のクロツラヘラサギ
↑クロツラヘラサギ
遊水池のセイタカシギ
↑セイタカシギ

だいぶ長い記事になりました。何個かに分ければよかったですね。

  ←ポチッとclickしてくれるとランキングが上がってうれしいです
動物写真 ブログランキングへ
---END---


カメラのキタムラで、A3が20%OFFだったので、A3にする写真を探していたら、ブログ投稿していたエリグロアジサシの写真が出てきました。
この写真は結構気に入っていたので、これにしようか迷っていたら、青空の中に黒点(写真の中で)を発見。
昔買った、「デジタルカメラ・プロの技」という本を取ってきて、黒点を消してみました。
写真左下に注目‼

写真編集前 エリグロアジサシ
↑写真編集前
写真編集後 エリグロアジサシ
↑写真編集後
この写真は、素材が青空だけだったので、とっても簡単でしたが、街並みや森の中だったら大変だったと思います。
基本的に写真はノーメイクでやっていきたいと思います。
ちなみにA3にするのは、
A3にするオオコノハズク
このリュウキュウオオコノハズクにしたいと思います。

  ←ポチッとclickしてくれるとランキングが上がってうれしいです
動物写真 ブログランキングへ

--END--

最近雨で具志干潟に行けなかったので、久しぶりに行きました。
昨日は修学旅行で渡嘉敷島に行ったけれど、カメラを忘れて大失敗。
どうせ水中では撮れないけれど・・・
まずは宜野湾の大山 田ーイモ畑へ

宜野湾 大山 田ーイモ畑

SDカード忘れたし、鳥も何もいないので工事中の写真を撮りました。
住宅街のド真ん中の畑なので、どんどん埋め立てが進んでいます。
しかも、いろんな道具がたくさん散乱していました。
金武町のターイモ畑に比べて全く違いました。
金武町は、湿地にいる生きものから何までいたのに、ここは湿地の生きものというよりは近所の生きものと同じ生きものくらいしかいませんでした。
すごく期待していたのに結構ショックでした。

何も撮らないで帰るのは悲しいので、瀬長島の具志干潟に行くことにしました。
すると、いつものようにムナグロが待っていてくれました。

具志干潟のムナグロ
具志干潟のムナグロ part2
今日は休日で宿題もないので、ゆっくり1時間くらい観察しました。
↑この個体はムネが黒くありません。違いはなんなの調べてみたいです。
具志干潟のムナグロペア
↑どうやら性別の違いのようです。
ペアでいてくれると分かりやすいです。
具志干潟の環境
那覇空港にメチャ近いので、騒音がすごいです。
鳥同士の鳴き声でのコミュニケーションが取れないのでは?とか思っちゃいます。
具志干潟のコサギ
最後にコサギが出てきました。

  ←ポチッとclickしてくれるとランキングが上がってうれしいです
動物写真 ブログランキングへ 

--END--

このページのトップヘ